気になる家賃相場は?

はじめての一人暮らしの家賃相場は?

一人暮らしをはじめて行うときには借りる物件の家賃相場はどれくらいが妥当なのでしょうか?1つ目安になるのは収入の3割程度という数字です。このくらいの家賃に抑えられれば、問題なく暮らしていけるということが言われています。これは働いて得た収入だけではなくて、大学生の仕送りなどの場合も含むことになるでしょう。
毎月の収入が20万円くらいならば6万円台くらいに家賃を抑えておけば良いということになります。家賃は確実に毎月発生する費用ですし、変動もほとんどないので、ある意味計算は立てやすいです。そして、毎月の生活費のうち家賃が占める割合は高くなりますから、他の出費とあわせて考えたときに生活を圧迫しない程度に抑えたいものです。

家賃以外の出費が少ないならば3割を越えても問題ない

はじめて一人暮らしをするときには収入の3割くらいに家賃を抑えておくというのが良いというのは目安ということなので、絶対にそうしないといけないというわけではありません。家賃以外の出費の程度によっては3割を越えても全然問題ないでしょう。
例えば、食費を自炊にして1ヶ月1万円以下に抑えられるとか、他の出費を相当低くすることができれば、その分家賃が高い家に住んでも大丈夫なケースはあるでしょう。他の出費を切り詰めて、少しでも家賃の高い家に住みたいという人も中にはいると思うので、そこは臨機応変に対応していくべきです。住む家にこだわりたいという人にとっては、他の出費を切り詰めることはそこまで苦痛ではないと思いますから。

マンスリーマンションを中央線で探すことで、仕事やショッピングなどの際に便利な物件を見つけやすいことが利点です。